柔道整復師が接骨院で行なう骨盤矯正にはダイエット効果がある

鍼灸で症状が改善できる

カウンセリング

手術後の体はとても敏感です。ちょっとしたことで手術箇所に痛みが走ることもあるのです。また、ズキズキとした手術後の痛みがなかなか治まらないという場合もあるでしょう。そのような不調は自分しか理解できません。痛みだけでなく、吐き気やめまい、気だるさに悩まされる人もいます。そんな手術後の痛みや不調を改善するにはどうしたらいいのでしょうか。その方法の1つとして鍼灸治療があります。鍼灸治療ではどのようにこの症状の改善ができるのでしょうか。治療のときには鍼灸治療以外にもヒーリングやオステオパシーといった施術を織り交ぜながら行ないます。実は施術以外にも大きなポイントがあります。それが心や体からトラウマを解消することです。手術後に痛みや不調を感じるような大きな手術では、心身にトラウマが残ってしまうことがあるのです。それを解消しないと症状の緩和も効果が薄くなったり出なくなったりしてしまうでしょう。施術とトラウマの解消を合わせて行なうことで、痛みや不調を取り除く効果が期待できます。また、鍼灸を使うことで手術後の痛みや症状の改善だけではなく、手術でできた傷跡を薄くすることもできるのです。傷跡に効果が現れるまでには少し時間が必要です。3ヶ月くらいから効果を感じる人もいれば半年やそれ以上の期間を要することがあります。基本的には、痛みや症状が緩和されたあとに傷跡がよくなっていきます。手術後のことで悩んでいる場合はこういった解消法もあるので近くの鍼灸院に相談してみるといいでしょう。